送信元を詐称したメールが届かない

【ご質問の内容】

送信元を詐称してテストを行ったところ、自ドメインの宛先には問題なくメール送信されたのですが、別ドメインの宛先にはメールが送信されない状況が発生しました。対応策はありますでしょうか?

【回答】

昨今のメールサーバでは、スパム防止のため、ホスト名の存在チェックや、MXレコードに設定されているホスト名との整合性を確認するなどの対策が行われています。

こうしたチェックを行っているサーバに対してメールを送信される場合は、チェックをクリアできるよう、DNSサーバの設定等、必要な設定を行っていただくなどするか、受信サーバ側でチェックを行わないよう、設定を一時的に変えていただくなどの対処を行っていただく必要があります。

送信元を詐称するようなケースでは、メールアドレスとして、存在しないドメイン名を使われるケースもあるかと思いますが、メールサーバ側がホスト名の存在チェックなどを行っている場合、存在しないドメイン名では、当然の事ながら、実在するホストが存在しない状態になりますので、メールサーバ側のチェックに引っかかってしまって、メールが届かない。ということが起こりえます。

送信元を詐称できるかどうかは、メール送信にお使いのメールサーバ、また、メールを受信されるサーバ側でのセキュリティ対策がどのようになっているか?によって変わりますので、送信元を詐称できるかどうかについては、メールサーバのシステムを管理されている方に確認を行ってみてください。

なお、システム管理者が誰であるかわからない、また、情報について開示してもらえない。といった場合は、実際にメール送信を行ってみて、その際にメールサーバ側から返されるエラーメッセージを元に、送信が可能かどうかの判別を行うという方法もあります。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。