キットの費用は、利用人数や訓練実施回数によって変わりますか?

業者が提供する「標的型メール訓練サービス」を利用する場合、費用は「訓練実施対象者数」×「訓練実施回数」に応じて増えていく価格体系が一般的なため、キットについても、同様の価格体系が適用されるのだろうか?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、キットは買い切り型の商品となりますので、利用人数や訓練実施回数に応じて費用がかさんでいく。ということはありません。

訓練実施対象者数が何千人であろうと、また、年に何回訓練を実施しても、キット購入費用以外の費用をご請求することはありませんので、ランニングコストは0円ということになります。

訓練サービスを利用する方法では、訓練実施毎に費用がかかるため、年に何回も訓練を実施するとなると、かなりのコスト負担となり、訓練が実施できる回数も自ずと制限されてしまうことになりますが、キットを活用して訓練を実施する方法であれば、コスト負担の問題を気にしなくても良くなるため、気兼ねなく訓練を実施することが可能となります。

このメリットから、初めての訓練こそは、業者に委託してみて、そのやり方などを学ぶにしても、2回目以降については、キットを使って自前で実施されることを選択されるお客様は多くいらっしゃいます。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。